AzureSea(アジュールシー)

ホーム ≫ ガラスコーティング ≫ AzureSea(アジュールシー)

塗膜に「超」密着

なぜ硬度より「柔軟性」を求めるのか?

塗膜に「超」密着

アズールシーコーティングとは、コーティングにおいて、『硬さ』より『柔軟性』こそがコーティングに最も重要な性能として開発された、自動車ボディコーティングです。
自動車の塗膜はメーカーによって品質は異なり、更には激しい気温差から生じるボディの収縮も発生します。それらに耐えるためには、硬さではなく柔軟性であると考えました。
通常であれば割れて剥がれる動きに対してもコーティングが柔軟に対応するため、あらゆる塗膜に密着し持続性を高めます。そのフレキシブルなケミカルネットワークで構成された、今までにない別次元のコーティング。それがアズールシーコーティングです。

Azure Sea 3つの特徴

アズールシーは雨染みがつきにくい

アズールシーは雨染みがつきにくい

今までの業界的な考え方は『撥水』=『雨染み』でした。
しかし、親水コーティングを施工しても雨染みは付着するため、これは大きな誤りです。
アズールコーティングは「撥水性」に「滑り性」を付与した技術を採用しているため、水切れが良く、雨染みの原因を軽減させます。また滑り性に優れるということは、洗車傷を減少させることにも繋がります。

滑基の接触角は110°

滑基の接触角は110°

撥水性と滑り性を併せ持つ独自技術の「滑基」を採用。表面に配列され接触角110°の水滴が塗膜を滑るように流れ落ちます。
これにより洗車後の水の拭き上げが簡単にできます。

柔軟性の秘訣

柔軟性を担うのは特殊金属から配合された触媒です。
この技術の確立によりガラスコーティングの骨格をフレキシブルな組成にすることができ、耐久性も飛躍的に向上しました。


▲ ページの先頭に移動


TOP